育児休業を取得してみた

2020-06-03

Blog LOB member Pickup

はじめまして、LOBでエンジニア兼なんでも屋をやっている柴山と申します。

今年の3月に子供が生まれまして、その後2ヶ月ほど育児休業制度を利用しました。
今回は、その経験を通じて感じたことを残しつつ、LOBではそんな働き方もありなのね、と思っていただければと思います!
結論としては、これから子供が生まれる予定がある、ないし子供を持ちたいと考えているカップル(特に産まない側)には是非、育児休業制度の利用をおすすめしたいと思います。

そもそも育児休業って?

当事者になるまで全く知らなかったので、そうした人のためにざっくり説明すると、分娩する女性はもとより、そのパートナーにも休業する権利を保障するための制度と理解しています。
そうすることで、核家族の一般化を背景に、出生後の育児の負担を少しでも和らげることが企図されているものと思われます。
例えば、条件を満たしていれば従業員からの育児休業の申し出を企業側は拒否できないですし、休業中は給料の代わりに政府から給付金(給料を基礎に算出。100%未満)が支払われることになっています。
詳しくは厚労省のページをご覧あれ

育児休業取得の狙い

子育てに際して、直接的な関与をしてみたかったというのが最大の動機になります。
初孫長男として世に出てきたためか、弟や従兄弟たちの世話をする機会が多かったのですが、自分の子供なんて可愛いに違いないという確信がありました。
これは完全に、個人的な想いからくる動機と言えますね。
また少し上記と重複するのですが、このタイミングで家事育児の腕を少しでも磨いておきたいというのも狙いとしてありました。
結婚してからこれまで、実家〜一人暮らしをしていた時代からすると多少家事をするようにはなっていたものの、なんとなくで過ごしてきてしまった感覚があったのと、人ひとり育てるにあたって、妻一人にすべて押し付けることだけはしたくないという思いがありました。
エンジニアの皆さんには、家庭というシステムにおける、冗長性獲得が目標の一つだったといえば、ご理解いただけるでしょうか。

職場の反応

ありがたいことに、全般的に好意的に受け止めてもらいました。
育休取得の件を最初に打ち明けたのは、LOBとして開発に携わっている案件のリーダーの方(楽天在籍)だったのですが、この方の反応が、こちらが口を開く前の、緊張した面持ちから「なんだ、そんなことですね。どうぞ、いってらっしゃい」という感じだったので、肩の荷が降りたといいますか、救われたのを今も覚えています。

その方のSNSでの投稿なのですが、胸アツでした。

やってみて、どうだったか

評価としては、こんな感じです:
・子供の成長と向き合う:大満足。かわいいし、日々進化していく過程に立ち会えている実感。
・家事育児インストール:完璧にはできなかったが、最低限やりたかったことは達成。
特に後段について補足すると、育休が明けた今も、子供が朝5時には目が覚めてしまうので、妻の睡眠時間確保のため、子供の面倒を見ています。
加えて始業前に、ミルクで授乳・(時々)散歩・洗濯・ゴミ出し・皿洗いなどなどを済ませるというところまではこなせるようになり、結果的に、妻にも一定頼ってもらえていると感じています。
他方で、出産後の1ヶ月は義母に住み込みで家事育児を手伝ってもらったのですが、その期間は重い腰が上がらず、率先してこなすということができておらず、結果ストレスをかけてしまっていました。
その後の頑張りで信頼回復できたものの、ここは反省点として胸に刻み込んでいます。
最初から完ぺきな人なんていないですし、特に最初の子供の場合は、何もかもが未体験地帯なので、夫婦で日々を振り返りながら、お互いに感じていること考えていることを話し合うのが最善なのではないかと思います。
なお、我が家では piyolog という育児記録アプリを愛用しています。サクサク動きます

完全に覆われてしまっていますが、抱っこひもの中に赤ちゃんがいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
アプリに記録している内容を踏まえて書くこともアイディアとしてはあったのですが、時間がいくらあっても足りないので、今回はやめました。
さて、冒頭の繰り返しとなりますが、子供ができる or 子供がほしいカップルには、是非双方の育休取得をおすすめしたいと思います。
また、今回このような機会に飛び込むことを応援してくれた、関係各位に感謝するとともに、LOBはそういった働き方もありなところです!という言葉で本記事を締めさせていただこうと思います。
少し長くなってしまったかもですが、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

付録:育児休業制度の利用に際して踏んだ手続き(今回の例)

・利用を決めた時点で:会社に制度の利用を申し出る
 ・LOBでは、育児休業申出書なるフォームを埋め、提出した
・出生したら:社会保険関連で被扶養者増加のための書類提出
・出生したら:育児休業給付金支給のための書類提出