【AdTechnology Meetup Vol.1】イベントレポート2020.10.28

2020-11-16

Blog Event News Pickup

皆さんこんにちは!宮腰です。
少し時間が経ってしまいましたが、今日は先日のイベントレポートをお届けしたいと思います👨‍🏫👩‍🏫

LOBは今回久々にテックイベントを主催したわけなんですが、その背景は率先してアドテクコミュニティーを形成し、この業界をもっと盛り上げていきたいという想いから。
とにかく変化の早いこのアドテク業界。良い変化もあれば、時には障壁となり得る変化もあるわけですが、それらをうまくチャンスに変えるのが企業の成長には必須。
そのためには、広い視野を持ち、多方面から刺激を得ることが大切だと思っているので、アドテク企業やエンジニアの皆さんにとってそんな刺激を与えられる存在になれればいいなと思っています。
すごく良いこと言ってますが、本心です!笑

そして私たちの想いに共感し、共催という形でゼロから一緒に作り上げてくださったSupership株式会社様と共に、今後シリーズ化してお送りしていく予定です!

では、ハイライト的に第1回の当日の様子をご紹介しましょう♪


左からモデレーターの高橋氏、パネリストの名畑氏、石橋氏、藪本氏

今回はアドテクの第一線で活躍してきたSupership株式会社の名畑真一さん、楽天株式会社の石橋稔章さん、株式会社ジオロジックの藪本晃輔さん(※順不同)の3名をパネリストに、そして同じくSupership株式会社の高橋未枝さんをモデレーターとしてお迎えし、アドテクの過去と現在、そして未来をテーマにパネルディスカッションを実施しました。

前半は3名の方それぞれに業界への参画から現在までの自分年表を作成いただき、さらに自分のテンションをグラフ化しながら今日現在までを振り返るというコーナー。
皆さんかなりアップダウンが豪快なグラフを作ってくれていました⤴︎⤵︎笑
大きな変化やハードルに直面し苦しむ場面がありながらも、新しいチャレンジに燃えたり、成果が認められたりする中で道を切り開いてきたことがわかり、とても興味深かったです!
そして同じキーワードに対しても捉え方によって個人の感想が大きく異なっていたことも面白いなと感じました👀

その後、プログラムは「5年後の業界はどうなっているか」という予測を披露していただくコーナーへ。
それぞれ大型プラットフォーマーの優位性向上やターゲティング手法の変化、OMOの拡大などを挙げながら、今当たり前となっているものが近い将来姿を消しているだろうという話も複数出てきて、あらためてこの業界のスピード感を実感しました。
まさに今大きな変革期にあるという状況ですが、それでも3名それぞれが5年後もアドテクの世界でチャレンジを続けていると力強くお話していたことがとても印象に残っています!

そして最後は時間の許す限り参加者の方からいただいた質問に答えていただきました!
最近気になっている広告手法、面白いアドテクベンダーの機能、プライバシー規制の中で求められていること、OMO界隈の近況などなど、時間の関係で全部は拾えなかったのですが、皆さんが気になっていることをシェアできてとても有意義な時間になったと思います。

1時間があっという間すぎてなかなか話が尽きず、現場ではかなり名残惜しさが漂っていました。。。笑

時折、鋭いツッコミや率直な疑問をぶつけ合いながらも、終始和やかな雰囲気のお三方

異なる組織に属していることで、広告業界という大きな枠組みの中では「競合」という括りになることもありますが、同じ問題に直面しながらもそれぞれが異なるアプローチで戦い抜いてきた話を聞けるという機会は結構貴重だったのではないでしょうか✨
ライバルだからと線を引くのではなく、同じ世界に生きる仲間としてこれからも共に刺激を与え合える存在でいられたらと思います。

ご登壇いただいた皆さん、当日視聴してくださった皆さん、あらためてありがとうございました!!

そして第2回については、現在まさに企画進行中!
前回参加していただいた皆さんのアンケート結果も参考に、より面白いものにするべく準備を進めています。詳細についてはまた後日ご案内しますので、どうぞお楽しみに♪

もし「こんなテーマでイベントやってほしい!」などのご要望があれば、ぜひコチラまでご意見をお寄せください!たくさんのリクエストお待ちしています🙌